KJ Photography

Weekend Photographer

癖玉ズマール

2014.5.29

昭和の風景
Leica IIIa / Summar 50mm f2 / Kodak 400TX

ボケ玉とか呼ばれているらしいですが、近年は人気が出てきており
中古相場としては後に出たSummitarより高いという現実もある。

次はSummitarあたりかな…と考えていたのだけれど
Summarの方が癖があって楽しいよ!という大人のささやきがあり
手頃な感じで手に入りそうならSummarかな…と、心は傾いていた

そういえば以前、熊本で見かけたことを思い出し、気になっていたのだが
ちょうど熊本に行く機会があったのでものを見に行ってきた。

現物を見ると、中玉にそこそこカビがあるものの、価格も安く
よく言われる前玉の擦り傷も少なかったため、そのままお持ち帰りしてきた。
(※帰ってきてから改めて見ると、後玉の外周が結構曇ってた)

視線の先
Leica IIIa / Summar 50mm f2 / Kodak 400TX

ライカを買った時にお店の人に言われたこと。
「古いレンズは保管状態で変わったりもするから、
一概に『このレンズはこんな写り』とは言えないんですよ」

と、いうわけでネットでいろいろズマールの作例を見たりもしたのだけれど
このレンズは一体どんな写りをするんじゃい…?ということで
熊本にいる間、つけっぱなしで撮ってみた

よく考えたら、まともに写ってなかったら
熊本の写真がほぼパァになってたわけで、
結構冒険したな、と。

yome
Leica IIIa / Summar 50mm f2 / Kodak 400TX

しかし現像してみると、意外とちゃんと撮れていた
ピント面はしっかり解像してるし、ボケも綺麗だ
状況によって少しもやがかったように写ることもあるけれど…
なかなか良いのではなかろうか。

どこかでズマールは屋内用レンズ、と言っていた気がするが
そのとおり!な気がする。

あと、なんかえらく昭和な写真になる…気がする。

ニョロキーノ
Leica IIIa / Summar 50mm f2 / Kodak 400TX

まだ使い始めなので完全に理解したわけではないが
優秀なエルマーと癖のあるズマール、上手く使い分けられるかな…

とりあえず、簡単に外せそうな前玉だけ取り外し
中玉のカビは軽く取っておいた。これがどう出るか…

おたのしみに!

goto Top